革鞄の有名ブランドのご紹介

有名ブランドの革鞄を選ぶ理由

鞄など、いつも身につけるもの、持ち歩くものはいいいものを選びたいものです。日本人はブランド品が好きと言われておりますが、実際に有名ブランドの鞄が選ばれるには理由があります。

まず、素材がよいことが挙げられます。エルメスやルイ・ヴィトンといった定番とも言えるハイブランドの場合、革の品質がよく、製法もよいという点があります。実際に使用すると分かるのですが、長年使用しても壊れずによい状態のまま使うことが出来ます。

次に、周りからの目を気にしてブランド鞄を持つという理由が挙げられます。やはり、周りから見られるものですので、気にする方が多いようです。そういった意味では、海外ブランドのロゴが入った、いかにもブランド品ですという製品の人気が根強いようです。
他にも、ブランド品を選ぶ理由は、デザイン、作りなどさまざまで、高価な製品であっても、飛ぶように売れております。

日本の有名ブランド

ブランド鞄というと、海外ブランドのシャネル、エルメス、プラダ、ルイ・ヴィトン、グッチなどを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし日本にも、有名ブランドは数多くあります。日本の場合、職人技とも言える技術を駆使したブランドが多く、また、海外ブランド品と比較すると、金額も比較的安価に手に入るものが多いためおすすめです。

もちろん、作りの丁寧さでも海外ブランドに劣らず、本当によいものを作っている印象を受けます。革以外であれば、吉田鞄として知られるポーターなどが若い年代を中心に有名です。革の鞄でいえば、土屋鞄製造所、HERZ(ヘルツ)などが有名です。また、伝統的なメーカー、ブランドが多く、信頼度においても高いところが多くなっております。

海外ブランドと比較して、丁寧な手仕事が多いことから、海外から購入する方も少なからずいるようです。伝統的な革鞄に留まらず、絶えず新しいデザインを作る工房も多くそれぞれ人気を博しております。後述するヘルツでは、革を裁断するところから、製作する際の縫製まで完全に手作りをすることをこだわっており、丁寧な仕事をしてくれるはずです。

HERZ(ヘルツ)の鞄

例えば、HERZ(ヘルツ)であれば、革鞄のデザイン・製作・修理・補修までをこなす工房で、こだわり抜いた革カバンを35年以上作り続けてるメーカーです。妥協のない職人気質なメーカーとして知られており、革の裁断から縫製まで全て自分達の手で作り上げる本当のMADE IN JAPANを体現し続ける会社です。革の鞄、革の小物といった革製品を愚直に追求しており、使いやすく、飽きがこない、頑丈な鞄を作っており、そして使っていくほどに持ち主に馴染んでいくのが特徴です。

海外有名ブランドは、作りが雑であったり、偽物が流通していたりしますが、こういったヘルツのような日本気質のブランドであれば、そういった不安はありません。万が一故障した場合にも修理対応を行ってくれるため、購入した後でも安心して使うことが出来ます。

アフターケアも充実しており、長く製品を使用することを前提にしているため、修理時に、もっとも適した方法で職人が丁寧に修理してくれます。メンテナンスについても充実しており、オイルを使ったメンテナンスや、普段のメンテナンスに着いても、フォローしてくれます。

このように、海外ブランドであっても、国内のオーダーメイドのメーカー・ブランドでも、自分自身が一番気に入った製品を選ぶことが重要で、こだわりを持った大人が魅力的でしょう。みなさんも、とことん調べて自分だけの鞄を手に入れてください。

オススメの鞄メーカー HERZ